脂質が多く含まれる食材・食べ物


脂質とは

脂質とは

脂肪の大半の吸収は 小腸でおこなわれ 胆汁と腸液や膵液に含まれる脂肪分解酵素のリパーゼの作用で脂肪酸とグリセリンに加水分解されて吸収される。ほとんどの食品では、脂質の大部分は中性脂肪が占める。


脂質の特徴と作用

生体内ではエネルギー源、細胞構成成分等として重要な物質である。


脂質が不足すると

・便秘


脂質を過剰摂取すると

・肥満


脂質を含む食材

・植物油脂類(オリーブ油、アーモンド)
・動物性油脂(ラード、バター)
・魚油


脂質を摂取する際の注意点

有機溶媒に溶ける食品中の有機化合物の総称であり、中性脂肪のほかに、リン脂、ステロイド、ろう、脂溶性ビタミン等も含んでいる。

Copyright(C)nutritional. All Rights Reserved.