ナトリウムが多く含まれる食材・食べ物


ナトリウムとは

ナトリウムとは

成人体内に、約100g含まれる。1/3は骨格、残りは細胞外液中食塩、重炭酸塩、リン酸塩として体液中に含まれる。
ナトリウムは生命の維持に不可欠の成分で、その働きは主に細胞膜を通しての物質交換です。
筋肉・神経の興奮性を弱める。血漿など細胞外液の浸透圧保持の調節をする。


ナトリウムの特徴と作用

・体液のアルカリ性を保つ
・ブドウ糖などの腸管吸収、カルシウムなどの細胞膜浸透に関与
・骨の構成要素として骨格の維持に貢献している
・神経の刺激を感じてスムーズに伝達
・筋肉の弾性を維持
・浸透圧や生体機能を調節
・消化管における水分、ブドウ糖の吸収
・細胞内の水分調節、浸透性正常化
・神経の興奮を抑える
・胃酸などの消化液の分泌を促す
・筋肉の弛緩を促す


ナトリウムが不足すると

長期におよぶ欠乏の場合は、消化液の分泌が減退し、とくに胃酸が減少する。
食欲が減り、倦怠・精神不安をきたす・急速な欠乏の場合は、倦怠、めまい、無欲、失神などの状態となる。
疲労感、低血圧。腎機能の低下している人々にナトリウム摂取量を極端に減少させると、心血管予備力の低下、嘔吐、下痢等により消化管から喪失した量の回復遅延、レニン・アンジオテンシン系への悪影響等が起こる。

ナトリウムは、血しょうと細胞外液中の主要なミネラルです。
人体の組織内外の体液、そして細胞の浸透圧を一定に保つ働きをし、神経や筋肉の働きの調整、食物の消化に関して、たんぱく質の溶解とアミラーゼを活性化させる働きを担います。
そのため、体液中のナトリウムが不足すると、筋肉の痙攣が起きたり、時には血圧が下がりすぎたり、意識が障害されることもあるようです。

・浮腫(むくみ)
・高血圧
・興奮
・口渇
・胃酸減少による吐き気
・筋肉の痙攣
・食欲不振
・疲労感、だるさ


ナトリウムを豊富に含む食材・料理ベスト30

ナトリウムは飲食物から主として食塩の形で摂取される。
その他の摂取源としては、重炭酸ナトリウム、グルタミン酸モノナトリウム等がある。
最小必要量は成人500mg以下、日本人の食塩目標摂取量は10g以下/日。
ジャンル 食材名称 ナトリウム
調味料及び香辛料類 精製塩 39000
調味料及び香辛料類 食塩 39000
調味料及び香辛料類 並塩 38000
し好飲料類 昆布茶  19000
調味料及び香辛料類 固形コンソメ 17000
調味料及び香辛料類 顆粒風味調味料 16000
藻類 カットわかめ 9500
果実類 うめ 梅干し 塩漬 8700
調味料及び香辛料類 即席みそ 粉末タイプ 8100
魚介類 あみ 塩辛 7800
果実類 うめ 梅漬 塩漬 7600
魚介類 かに がん漬 7500
魚介類 すけとうだら すきみだら 7400
藻類 塩昆布 7100
調味料及び香辛料類 トウバンジャン 7000
調味料及び香辛料類 ベーキングパウダー  6800
藻類 乾燥わかめ 素干し 6600
調味料及び香辛料類 うすくちしょうゆ 6300
魚介類 しろさけ めふん 5800
調味料及び香辛料類 こいくちしょうゆ 5700
豆類 寺納豆 5600
調味料及び香辛料類 しろしょうゆ 5600
野菜類 ザーサイ 漬物 5400
魚介類 あゆ うるか 5100
調味料及び香辛料類 赤色辛みそ 5100
調味料及び香辛料類 たまりしょうゆ 5100
魚介類 かつお 塩辛 5000
調味料及び香辛料類 さいしこみしょうゆ 4900
調味料及び香辛料類 淡色辛みそ 4900
藻類 ひとえぐさ 素干し 4500
該当栄養素が多く含まれている食材を表示します
食材「30」件が見つかりましたので30件づつ表示します


Copyright(C)nutritional. All Rights Reserved.