リンが多く含まれる食材・食べ物


リンとは

リンとは

成人体内に約0.5kg含まれ、80%は燐酸カルシウム・リン酸マグネシウムとして骨・歯をつくる。筋肉・脳・神経・肝臓・肺臓その他のすべての組織に含まれる。
体内に2番目に多いミネラルです。
体内に最も多く含まれるミネラルはカルシウムですが、続いて多いのがリンで、成人体重の約1%(50kgで約0.5キログラム)にあたります。
そのうち80%がマグネシウムやカルシウムと結びつき、それぞれリン酸マグネシウムやリン酸カルシウムとなって骨組織に付着、骨や歯などの硬組織を形成しています。
リンが不足すると骨軟化症やくる病、骨の石灰化の遅延などの原因にもなります。
不足しやすいカルシウムとは反対に、リンは摂り過ぎの傾向があるため、注意が必要です。


リンの効果

・骨・歯など硬組織をつくる
・血液中のリン酸塩は酸やアルカリを中和する
・リン脂質・核酸の成分である
・ビタミンB1・B2などと結合して補酵素となる
・糖質代謝を円滑に進める
・ATPなど高エネルギーリン酸化合物とつくり、エネルギーを蓄える。
・エネルギー代謝に関与


リンが不足すると

・骨折をおこしやすくなる(リンは日常食品充分含まれており、欠乏したり不足したりすることはない。ただしビタミンDが不足すると利用率が低下する。摂取量が多すぎると、カルシウムの吸収を悪くする)
・歯の弱化
・子供の成長力鈍化
・関節悪化
・新陳代謝の阻害
・腸や腎臓の異常
・骨や歯の弱化
・クル病


リンが必要な方

・歯が弱い方、歯槽膿漏気味の方
・神経痛の方
・疲れやすい、だるいと感じる方
・腎臓結石が出来やすい方
・骨が弱っている方


リンを豊富に含む食材・料理ベスト30

高エネルギーリン酸化合物として生体のエネルギー代謝にも深くかかわっている。
リンはカルシウム代謝と関係が深く、日常食より摂取するリン量は調理による損失を考慮しても不足になることはなく、むしろ食品添加物として各種リン酸塩が加工食品に広く用いられている関係でリンの摂取過多が問題視されている。
ジャンル 食材名称 リン
調味料及び香辛料類 ベーキングパウダー  3700
魚介類 かたくちいわし 田作り 2300
魚介類 かたくちいわし 煮干し 1500
魚介類 たたみいわし 1400
魚介類 きびなご 調味干し 1200
魚介類 いかなご 煮干し 1200
魚介類 さくらえび 素干し 1200
魚介類 まさば さば節 1200
種実類 かぼちゃ いり、味付け 1100
魚介類 するめ 1100
卵類 卵黄 乾燥卵黄 1000
乳類 脱脂粉乳 1000
調味料及び香辛料類 からし 粉 1000
魚介類 えび 干しえび 990
魚介類 うるめいわし 丸干し 910
豆類 凍り豆腐 880
種実類 ごま むき 870
魚介類 さくらえび 煮干し 860
魚介類 しらす干し 半乾燥品 860
乳類 ナチュラルチーズ パルメザン 850
豆類 大豆たんぱく 分離大豆たんぱく 840
魚介類 まだら 干しだら 840
調味料及び香辛料類 酵母 パン酵母、乾燥 840
種実類 ひまわり 830
魚介類 いかなご つくだ煮 820
魚介類 はぜ つくだ煮 820
魚介類 むろあじ くさや 810
魚介類 かつお節 790
魚介類 わかさぎ つくだ煮 780
豆類 大豆たんぱく 濃縮大豆たんぱく 750
該当栄養素が多く含まれている食材を表示します
食材「30」件が見つかりましたので30件づつ表示します


Copyright(C)nutritional. All Rights Reserved.