ヨウ素が多く含まれる食材・食べ物


ヨウ素とは

ヨウ素とは

ヨウ素は「ヨード」とも呼ばれており、昆布や海産物に多く含まれております。
脂質代謝促進や糖質代謝促進などの働きがあり、肥満を防ぐ効果があります。
ヨウ素は、ナポレオン戦争の際、海藻から火薬を製造しているときに偶然発見された元素でです。
生体内では、そのほとんどが甲状腺に存在し、甲状腺ホルモンの構成成分として重要な役割を担っています。
ヨウ素は海水中に多く存在するため、海藻類や魚介類に豊富に含まれており、海産物を主に食してきた日本では、ヨウ素の摂取量が必要量を大幅に上回っているため、不足が問題となることはほとんどありませんが、過剰摂取による健康障害が気になるところです。そのため、ヨウ素の摂取を目的としたサプリメントの利用には注意が必要です。


ヨウ素の効果

・甲状腺ホルモンの構成成分として重要な必須ミネラル
・甲状腺ホルモンの構成要素として正常な代謝に関与
・皮膚や爪、髪の健康維持
・脂肪の燃焼


ヨウ素が不足すると

・甲状腺の腺腫(肥大)
・疲れやすくなる
・子供の知恵遅れ、成長阻害
・感情が現れにくくなる
・皮膚のつやが無くなる
・貧血
・肥満
・不妊


ヨウ素が必要な方

・甲状腺ホルモンの生成が不安定な方
・ダイエット中に胸から減っていく方


放射線対策に効果あり?!

ヨウ素は、体に必須元素で、だれしも体にもっています。
ただ蓄積されやすく、放射線を帯びたヨウ素が体に入ると、体の中で長く停滞するわけです。
そのことで内部被爆してしまうということが問題になります。
ではなぜヨウ素を飲むのかというと、ヨウ化カリウムという状態で通常は服用しますが、ヨウ素は体に蓄積される量が決まっているので、無害なヨウ素をあらかじめ 服用しておくことで、後から放射線を帯びたヨウ素が体内に入ってきても、ほとんど蓄積されることなく対外に排出される効果を狙っているためです。

Copyright(C)nutritional. All Rights Reserved.