たんぱく質が多く含まれる食材・食べ物


たんぱく質とは

たんぱく質とは

アミノ酸の重合体であり、人体の水分を除いた重量の1/2以上を占める。たんぱく質は、体組織、酵素、ホルモン等の材料、栄養素運搬物質、エネルギー源として重要である。


たんぱく質の特徴と作用

筋肉、内臓、血液、骨格、皮膚等の組織や酵素、ホルモン、免疫抗体等の生理機能を維持、調整する物質を作る際の基本的構成成分となるもの。


たんぱく質が不足すると

・貧血
・肝障害


たんぱく質を過剰摂取すると

・痛風
・肥満
・骨減少症
・骨粗鬆症
・疲労
・不眠
・耳鳴り


たんぱく質を含む食材

・魚介類
・豆
・卵
・肉


たんぱく質を摂取する際の注意点

摂取に当たっては、アミノ酸の総摂取量(たんぱく質摂取量)のほか、そのバランスが適当かどうかが重要。アミノ酸のバランスが適当でない場合、人体におけるたんぱく質の利用率が低下等、健康を損なう要因ともなる。



Copyright(C)nutritional. All Rights Reserved.