ビタミンB12が多く含まれる食材・食べ物


ビタミンB12とは

ビタミンB12とは

ビタミンの中で最後に発見されたビタミンで、構造が極めて複雑であり、美しい赤色をしているのが特徴です。
別名、赤いビタミンと言われ、知能、運動神経の発達に役立ちます。
弱酸性で安定。アルカリ性、強酸性、光により分解。
コバルトを含む赤いビタミン。ビタミンB12は、シアノコバラミン、メチルコバラミン、アデノシルコバラミン、ヒドロキシコバラミン等、同様の作用を持つ化合物の総称である。
ビタミンB12は動物性食品に含まれ、植物には含まれない。
吸収には胃液の乃因子が必要なので、胃全摘出等で胃液が出なくなると、欠乏症になるおそれがある。
菜食主義者は要注意。


ビタミンB12の特徴と作用

アミノ酸代謝、たんぱく質、核酸の生合成に必要。
アミノ酸、奇数鎖脂肪酸、核酸等の代謝に関与する酵素の補酵素として重要である。
・葉酸と協力して、赤血球の生成
・神経細胞の修復
・精神を安定させて記憶力、集中力向上
・成長を促進し、子供の食欲を増進
・悪性貧血の予防
・時差ぼけ解消(体内リズム調節)


ビタミンB12不足症状

悪性貧血、神経疾患、DNA合成異常。
厳格な菜食主義者でなく通常の食生活をしている人では、ビタミンB12欠乏はみられない。
しかし、ビタミンB12の吸収には胃から分泌される糖たんぱくが関与するので、消化管切除者や萎縮性胃炎の高齢者、小腸において吸収不全のある場合には欠乏のみられることがある。
吸収されたビタミンB12は肝臓に蓄えられ、胆汁中へと排泄されるが、腸肝循環における再吸収は悪いので、高齢者や消化管切除者では欠乏症に陥りやすい。
・だるさ、めまい、動悸息切れ
・手足のしびれ
・うつ傾向
・悪性貧血
・食欲不振、消化不良
・イライラ、ヒステリー


ビタミンB12を豊富に含む食材・料理ベスト30
ジャンル 食材名称 ビタミンB12
魚介類 しろさけ めふん 327.6
藻類 あまのり ほしのり 77.6
魚介類 かたくちいわし 田作り 64.5
魚介類 あさり 缶詰 水煮 63.8
魚介類 しじみ 62.4
魚介類 あゆ 天然、内臓、生 60.3
魚介類 あげまき 59.4
魚介類 あかがい 59.2
藻類 あまのり 味付けのり 58.1
藻類 あまのり 焼きのり 57.6
魚介類 やつめうなぎ 干しやつめ 54.8
魚介類 しろさけ すじこ 53.9
肉類 牛肉 肝臓 生 52.8
魚介類 あさり 52.4
魚介類 あゆ 天然、内臓、焼き 49.6
魚介類 ほっきがい 47.5
魚介類 しろさけ イクラ 47.3
魚介類 はまぐり つくだ煮 45.4
肉類 鶏肉 肝臓 生 44.4
魚介類 かたくちいわし 煮干し 41.3
藻類 いわのり 素干し 39.9
魚介類 あんこう きも、生 39.1
魚介類 あさり 缶詰 味付け 36.1
魚介類 はまぐり 焼き 33.4
魚介類 かき くん製油漬缶詰 32.2
藻類 あおのり 素干し 31.8
魚介類 まいわし 丸干し 29.3
魚介類 はまぐり 28.4
魚介類 ぼら からすみ 28.4
魚介類 かじか 28.2
該当栄養素が多く含まれている食材を表示します
食材「30」件が見つかりましたので30件づつ表示します


Copyright(C)nutritional. All Rights Reserved.